米国株

【米国株情報】高配当利回り銘柄がTOP16まで脅威の5.0%超え


自分は資産額が少ないので高配当銘柄には目もくれず成長中のグロース株に集中投資しています。

けど、総資産5千万円を超えた金額からはディフェンシブ銘柄で高配当銘柄に投入していくつもりです。

その為にも高配当銘柄にも少しアンテナを広げる為にも勉強中です!!

2018年11月29日時点の最新情報で米国株の高配当銘柄について勉強の為に情報収集してみました。

配当利回り7.0%超えの1位~2位

順位 社名 ティッカー 配当利回り 業種
1 センチュリーリンク CTL 11.50% 情報通信
2 エルブランズ LB 7.25% 一般消費財

1位:センチュリーリンク

通信事業で固定電話事業がメインのようです。次の収益の柱が見つからないとヤバそうな会社ですね。

2位:エルブランズ

世界一有名な下着のショーをやっているブランドでした。あと心配なのは小売り業なのでアマゾンに倒される可能性をどーみるか?

1位と2位の長期チャートをみてみます。

ともに長期的に株価は下がり続けています。

特に2位のエルブランズは2015年をピークに急激に下げています。

配当がずば抜けて高いということは、その分リスクも大きいとうことです。

為替でいうなら、トルコリラか南アフリカランド的な存在になるのでしょう。

配当利回り6.0%超えの3位~6位

順位 社名 ティッカー 配当利回り 業種
3 AT&T T 6.40 情報通信
4 ゼネラルエレクトリック GE 6.40 資本財他
5 フォード・モータ F 6.38 一般消費財
6 コティ COTY 6.00 生活必需品

3位:AT&T

AT&Tは私も今年一時購入していました。メディアのワーナー買収で米司法省と裁判で揉めています。あと通信とメディアで相乗効果がどこまで出せるかも不透明なことが最大のリスクです。ただ個人的には5Gで通信量は大幅に上がると思うので、かなり有望だと思っている銘柄です。高配当銘柄で一番購入したい銘柄ですね。

4位:General Electric Company

利益が出せる事業が見えずに株価急落中です。そして、ダウ平均からも2018年に除外されたことも有名ですね。企業が大きくなり過ぎたことによる収益悪化とすればリストラが成功すれば黒字化も見えてくるでしょうが・・・

5位:フォード・モータ

フォードは説明不要のアメリカの自動車メーカーです。アメリカの自動車メーカーが高配当を出せているのが不思議ですね。アメリカの自動車メーカーの復活を信じられる人以外は怖くて買えない銘柄だと思います。

6位:コティ

これもエルブランズと同じで女性製品のメーカーでした。化粧品・スキンケア・ボディケアの3事業が主軸で上場したのが5年前の2013年でした。

配当利回り5.0%超えの7位~16位

順位 社名 ティッカー 配当利回り 業種
7 インベスコ IVZ 5.90 金融
8 シーゲート・テクノロジー STX 5.85 ハイテク
9 アルトリア・グループ MO 5.84 生活必需品
10 ONEOK OKE 5.57 エネルギー
11 ウィリアムズカンパニー WMB 5.37 エネルギー
12 PPL PPL 5.36 公益
13 フィリップモリス PM 5.27 生活必需品
14 ニールセン NLSN 5.15 資本財他
15 サザン SO 5.07 公益
16 IBM IBM 5.05 ハイテク

7位:インベスコ

独立系の資産運用会社で世界20か国以上の拠点で資産運用サービスを展開している会社

8位:シーゲート・テクノロジー

HDDの製造メーカーです。イノベーションのジレンマで取り上げられていたHDDの大手企業ですね。

ここで私の力が付きました・・・

もし、9位以降で気になった銘柄があれば、皆さんでググって下さい。笑

ちなみにこのランキングは『株価は11月29時点で配当は12カ月実績』で算出しています。

▼ここをポチっと▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
関連記事