FIRE

半導体ベンダに特化したETF『ヴァンエック ベクトル 半導体 ETF(SMH) 』

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

最近は個別銘柄から卒業して分散投資としてETFがマイブームです。

そこで今日はSBI証券での海外ETF売買ランキングを見ていて気になった『ヴァンエック ベクトル 半導体 ETF(SMH) 』について調べてみました。

これまでセクター投資の代表格として情報テクノロジーセクターだけに分散投資をするETFと言えば、VGTとかQQQとかしか知りませんでした。

さらに細かい半導体という分野に特化したETFが存在していることを知りませんでした。奥が深い。

しかもなぜか9月時点の売買ランキング(海外ETFのなかで)で1位になっていました。

ヴァンエック ベクトル 半導体 ETF(SMH) とは?

SMH概要

マーケット・べクトル米国上場半導体25インデックスの価格と利回り(手数料と経費控除前)にできるだけ連動するパフォーマンスを目指す。

当インデックスは、ルールベースのインデックスで、米国で上場している半導体企業最大手25社の全体的なパフォーマンスを追跡することを目的とする。

  • 信託報酬:0.35%
  • 直近配当利回り:1.37%
  • インデックス名:マーケット・べクトル米国上場半導体25インデックス
  • 運用会社:ヴァン・エック・グローバル

SMH組入れ銘柄上位

社名割合
TSMC12.03%
インテル11.37%
テキサス・インスツルメンツ5.95%
マイクロン・テクノロジー5.88%
エヌディビア5.43%
ASMLホールディング5.33%
クアルコム4.99%
アプライドマテリアルズ4.78%
ブロードコム4.59%
NXPセミコンダクターズ4.47%

どこも有名な半導体ベンダばかりです。

SMH長期株価チャート

20190906-smh長期チャート

この長期チャートをみると.comバブルが終わってからは長い低迷期になっているのがわかります。

けど、2000年代って電子デバイスがどんどん出荷されているので半導体の需要は大きかったと思いますが・・・

そこで2000年以降のS&P500インデックス指数と比較してみます。

SMHとS&P500長期チャート比較(2000年~2019年)

2000-2019-smh-sp500-長期チャート

2000年から比較すると半導体の落ち込みはリーマンショック前から大きく落ち込んでおり、S&P500はリーマンショックで大きく落ちていますが、半導体は比較的影響が少なかったようにも見えます。

それだけ半導体のようなハイテク産業はリーマンショックのような金融危機よりも.comバブルの崩壊の方がダメージが大きかったことが想像できます。

じゃー半導体が主役となった2007年以降で比較してみましょう。

2007年6月は初代iphoneが発売された日です。その日を境に世界は一遍してスマホで溢れかえる世界へとなっているのは説明不要でしょう。

SMHとS&P500長期チャート比較(2007年~2019年)

2007-2019-smh-sp500-長期チャート

この時期から比較するとリターンが逆転しています。

特に2016年からの伸び方がヤバいですよね。

S&P500指標では全く相手にならないので、次はハイテクセクターETFのVGTと比較してみました。

SMHとVGT長期チャート比較(2016年~2019年)

2016-2019-smh-vgt-長期チャート比較

配当込みでSMHが急激に伸びていた2016年から現在までの3年間をVGTと比較してみました。

負けとるんかーーーい。

VGTの方が若干ですが勝っていました。

これで半導体が圧勝していたら購入したいETF候補に入れていたのですが・・・

逆にVGT最強説を自分の中でさらに強めただけでした。

今後AIや宇宙開発など技術の進歩は止まることがなく半導体の需要も大きくなり続けるのは間違いないのですが、結局はハイテク分野に広く分散投資出来るVGTの方が無難だと思います。

株デビューするなら SBI証券
▼▼米国株ブログ▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▼▼自己紹介▼▼
PVアクセスランキング にほんブログ村
▼▼Betmob投資ブログまとめ▼▼

【広告】アマゾン・ポイントを確実にもらえるAmazonギフト券』の紹介です。

Amazonプライム会員』だと一般会員よりもポイントがお得です。

Amazonポイント付与一覧 (引用:Amazonギフト券)