FIRE

FIRE達成難易度が高すぎる!生活費の25倍の資産形成までの道のり

株JIN.com 資産運用&公開ブログ】

FIRE(Financial Independence, Retire Early)を達成するための手段として生活費の25倍の資産を作って4%で資産運用すれば運用益だけで生活が永久に出来ます。(実際には税金などがあり資産は25倍以上必要です)

この資産運用益4%で生活することを4%ルールと呼んでいます。

FIREムーブメントとは何か?
FIREムーブメントとは何か?アメリカ発のセミリタイアの流行FIREムーブメントとは、経済的独立と早期退職をして自由に生きることです。(Financial Independence, Retire Earlyの略)この記事ではFIREについて具体的な事例を書いています。...

一般人にはFIRE達成の難易度が高すぎる現実

貯金イラスト

FIREの本場でもあるアメリカでは20代の早い段階から貯金率50%を超えるほどの節約生活を実践している人が多くいます。

その中には30代で完全なるリタイアを達成している強者もいるようです。

そんな人達に共通な点は、超高給取りな仕事をしていることです。(20代で年収1,000万円を軽く超えるような人達です)

38歳で完全セミリタイアしたターニャ・へスター氏が教えるシンプルな4つのルールアメリカのファイナンスニュースでターニャ・へスター氏が38歳で完全リタイヤしたことが書かれた記事を見ました。4%ルールでは年間支出の25倍の貯金が必要となっていましたが、彼女は36倍もの貯金をしてからセミリタイアしていました。...

でも、普通の人が生活費の2倍の収入を得るようなるのは20代では厳しいでしょう。

早い人でも30代ではないでしょうか?

それでも生活費の2倍ギリギリの収入だと思います。

それでは、生活費の25倍の資産を作るまでに25年近く必要でその頃には60歳前後となります。

つまり、普通の年収の人がFIRE達成をする頃は60歳近くということになります。

これが普通の人だとFIRE達成の難易度が高すぎる説になります。

一般人が少ない給料でFIREを達成するにはどうする?

選択02

そこで取るべき手段は2つになります。

  1. 個別株のようなリスクの高い資産運用で早期に生活費の25倍の資産形成を達成する
  2. 定年間際になろうとも確実に資産形成を継続する

 

①の方が攻めていて②の方が無難な感じがするかと思いますが、逆で②を継続することの方が遥かに難易度が高いです。

私は②を継続出来る根性がないので①を選択していました。

していたと過去形で書いているのは、最近では①への入金は放置して②に入金をシフトしています。

結局は短期的に大きな資産形成をしようとするとリスクが高くなります。そのため多くの人達は想定していたリターンを得られないまま②へシフトするしかありません。

この状況が現在の私になりますね。。。

ただ最初から②を選択してコツコツ積み立てすることが自分の性格と照らし合わせて向いているかどうかを慎重に検討しないと、②を初めても途中で挫折することになると思います。

このようにどちらを選択するのが良いということはありません。自分の性格や収入やライフプランなどを考えて資産形成の戦略を考えた方が良いでしょう。

そして、FIREという概念や4%ルールについて知識として知るのは早い方が人生の選択肢が増えるのでおすすめします。

私は最近知ったのが残念ですね。せめてアラサー世代に知識として知っておきたかった金融リテラシーの1つです。

▼▼いい記事と思ったら押して下さい▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ