FIRE

FIREムーブメントとは何か?アメリカ発のセミリタイアの流行


そもそもは、アーリーリタイアするために必要な資金をいろいろと調べていたら偶然見つけました。

それが

FIRE(Financial Independence, Retire Early:経済的に独立して早期退職)

4%ルール

の2つでした。

FIRE(Financial Independence, Retire Early:経済的に独立して早期退職)とは?

アメリカのソフトウェアエンジニアがブームの火付け役のようです。

自分で実際にアーリーリタイアして、その生活をブログで公開しています。

話は簡単で、贅沢なく自然な生活スタイルを継続するために必要な資金を資産運用で継続的に作り出して、自分の好きなことをして生きていこう!って素敵な話です。

まぁ、そんな話をしている人はブロガーに多いですね。日本もアメリカも・・・

日本語でよくまとめられている記事紹介

4%ルールとは?

FIREを実現するために必要資金の具体的な考え方です。

資産運用を4%で増やして半永久的になくならない資産額は、

1年間に必要生活費 x 25 = アーリーリタイアに必要な資産額

という計算です。

つまり生活費の25倍の資産があれば年率4%で資産運用すれば、生活費同額が入るというシンプルな考えです。

4%ルールでセミリタイアする為に必要な金額を簡単に計算する方法皆さんは会社が好きですか? 私は嫌いです。笑 そして、可能ならば60歳の定年まで働くことなく完全なるセミリタイアを達成したい...

FIRE実行者はいろいろなタイプがいる

当然ですが、目的に対する手段は多くあります。

アメリカでもいろいろな手段でアプローチしている人がいるようです。

リーンFIRE型

支出を極端に減らしてFIRE達成を目指すタイプ

ファットFIRE型

貯金し投資しながらもなるべく生活レベルを維持してFIRE達成を目指すタイプ

あと、賃貸を安くするために田舎に移住する人もいたりとかアメリカ人も創意工夫をしながらアーリーリタイアを目指しているようです。

私はもちろん”ファットFIRE型”ですね。最近は体系もメタボになってきているし・・・

とにかく、攻めの投資でハイテク株の集中投資でFIRE達成を目指していますが、達成確立を考えると着実な手段も視野に入れないとダメだと考えています。

その資産形成方針については、再考して記事をUPしていきます。

FIREを達成した人達へのインタビュー動画(9分28秒)

▼ここをポチっと▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
関連記事