投資信託

【企業型確定拠出年金公開】2018年12月NISSAY確定拠出年金を公開

株JIN.com 資産運用&公開ブログ】

会社で入っている確定拠出年金のことを企業型確定拠出年金といいます。

私が勤めている会社でも導入されています。

企業型確定拠出年金の運用結果はインターネット上でいつでも見れる状態になっているので、その画面をブログで公開したいと思います。

皆さんの確定拠出年金の商品選びの参考になれば幸いです。

企業型確定拠出年金(401k)について、ご存知ない方は以下に簡単な説明記事を書いているので参考にして下さい。(10分くらいで読める記事です)

確定拠出年金アイキャッチ画像
確定拠出年金(401k/iDeCo/企業型DC)とは何か?という人向けの簡単な説明確定拠出年金について紹介した記事です。個人型確定拠出年金(iDeCo)と企業型確定拠出について説明しています。...

NISSAY確定拠出年金インターネット画面


12月の総資産評価額:2,885,777円
12月の評価損益  :423,527円
—————————————
11月の総資産評価額:2,822,500円
11月の評価損益  :387,031円

現在運用先として3つの商品に対して積立をしています。

外国株式型:野村外株インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI・DC

商品情報

目論見書

この『インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI・DC』に年金の72%もの資金を投資しています。

この結論になるまでは、結構いろんな商品を試しています。

そして、一番パフォーマンスが良いという結論になり72%もの割合まで増えました。

それもそのはずでして、この商品の投資先の6割がアメリカでした。

アメリカはここ10年はリーマンショック後の経済回復の波に乗って全体的に上昇している相場となっていました。

最近は大きく下げているので、ここのパフォーマンスもイマイチな状況になっています。。

来年は、一部資産を以下のバランス型へと切り替えるタイミングかもしれませんね。

バランス型:DCニッセイワールドセレクトファンド(債権重視型)

商品情報

目論見書

これは安全資産です。日本の国債が約半分であとは、海外の国債や株式に振り分けています。

この年間収益率の推移を見ると大きな利益はないですが、安定した成績を出していますね。

この商品の割合を徐々に増やして行こうと思います。

バランス型:DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型)

商品情報

2.バランス型:DCニッセイワールドセレクトファンド(債権重視型)参照

目論見書

ここは国内株式と海外株式で7割を占めています。残りを国債にまわしています。

これ見直すとこの『DCニッセイワールドセレクトファンド株式重視型』は1番目の『インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI・DC』と被っていると思いました。

来年はこの商品を何かに振り替えようと思いました。

投資信託 記事まとめ

投資信託記事まとめ
【投資信託】評価額推移まとめ記事投資信託(つみたてNISA含む)、確定拠出型年金(401k)の評価額推移についてまとめたページです。投資信託はeMAXIS Slimシリーズの「米国株(S&P500)」、「先進国株式インデックス」、「新興国株式インデックス」とひふみプラス投信を購入しています。...
▼▼いい記事と思ったら押して下さい▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ