投資信託

つみたてNISAと一般NISAのどっちを選択すれば良いか?

株JIN.com 資産運用&公開ブログ】

まずは老後の資産形成手段として有効なNISAについて説明します。

つみたてNISAの簡単な説明
つみたてNISAとは?積み立てNISA5つのポイントを紹介~損失が出ても継続!初心者向けつみたてNISAの紹介記事と投資信託の保有率調査結果から見る多数派が国内株式投資信託だったことに驚いた記事です。...

そしてつみたてNISAと一般NISAの併用はできないことを知るとどっちを選べば良いか?迷う人も多いようです。

そこで、本日はつみたてNISAと通常のNISAのどっちを選択するのが良いか?について書きました。

つみたてNISAと一般NISAの違いについて

まずは「つみたてNISA」と「一般NISA」の制度の違いを簡単にまとめました。

つみてたNISA一般NISA
非課税投資枠40万円/年120万円/年
非課税期間最長20年間最長5年間
口座開設期間2037年まで2023年まで
非課税投資総額最大800万円(40万 x 20年)最大600万円(120万 x 5年)
対象商品一定条件を満たした投資信託など上場株式/投資信託など

ポイントを挙げると大きな違いであることがわかります。

それぞれの制度の特徴によりあなたがどういう投資をしたいのか?によって「つみたてNISA」と「一般NISA」のどちらが良いか?が変わってきます。

そこで、どういう投資をしたいのか?によってNISAを選択するポイントについてまとめてみます。

つみたてNISAを選ぶべき人はこんな人

つみたてNISAは長期でコツコツ派が選択するべき制度です。

なんといっても年間で40万円ということで月々33,333円の積立を20年という長期に渡って継続することが前提の制度です。

また、投資先は全て金融庁が選んだコストパフォーマンスの高い優れた商品になっています。

その中でも1番コストパフォーマンスの高い投資信託eMAXIS Slimシリーズをおすすめします。

2018年度の投資ブロガーが選ぶ投資信託でもeMAXIS Slimシリーズは上位に多くランクインしていることからも証明されています。

つみたてアイキャッチ画像
投資信託ブロガーが選んだ最新投資信託ランキングTOP10を紹介投資信託ブロガーが選んだ最新投資信託ランキングTOP10を紹介した記事です。TOP10の半分が『eMAXIS Slim』シリーズでした。...

一般NISAを選ぶべき人はこんな人

一般NISAは短期でガンガン稼ぎたい人が選択するべき制度です。(ちょっと言い過ぎかも)

なぜ短期でガンガン稼ぐ派かと言うと1年間に投資出来る上限が120万円と高額になっていること、継続期間が5年と短いことです。(ロールオーバーという制度を申請すれば延長も可能)

一般NISAのロールオーバーについて

そして、投資できる投資先としてもつみたてNISAは投資信託でしたが一般NISAではハイリスクハイリターンな個別銘柄への投資も可能になっています。

なので5年後くらいに大きな株価上昇が期待出来る会社を購入すれば大きなキャピタルゲインに対する課税ゼロで全てをゲットすることが可能になります。

ただ、5年後に大きなリターンをもたらす会社がわかれば苦労はないです。

もし大きな損失が出た場合は、NISA口座で運用した意味は全くありません。

逆に通常口座の株で儲けが出た場合には、NISA口座の損失は考慮されない(損益通算できない)ので、大きなデメリットを被ることになるでしょう。

なのでNISAで損失することは通常口座で損失を出すこと以上のデメリットがあるので要注意な制度でもあります。

▼▼いい記事と思ったら押して下さい▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ