投資信託

つみたてNISA・投資信託の運用実績を公開(eMAXIS-Slim/SBI-VOO)2020年1月

つみたてNISAと投資信託の状況報告

↓良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

2020年1月1日のつみたてNISA・投資信託(eMAXIS Slim/SBI・バンガード・S&P500)の資産運用実績を公開します。

今回は2020年最初の報告となります。

去年末にひふみプラスを全て売却してすっきりしています。笑

まずは私の毎月の積み立て概要を紹介します。

さらにつみたてNISAで積立設定している商品は2つです。

つみたてNISAについては下記にまとめています(10分くらいで読める記事)

つみたてNISAの簡単な説明
つみたてNISAとは何か?5つのポイントからで簡単に理解できます初心者向けつみたてNISAの紹介記事と投資信託の保有率調査結果から見る多数派が国内株式投資信託だったことに驚いた記事です。...

投資信託資産状況を公開(2020/01/01時点)

通常の投資信託口座

202001_通常積立の投資信託SBI証券評価損益
ファンド名損益評価額
eMAXIS Slim - S&P500+17.33%235,842円
eMAXIS Slim - 先進国株式+15.20%437,151円
eMAXIS Slim - 新興国株式+10.04%451,560円
SBI・バンガード・S&P500+7.67%196,007円

アメリカの調子も良かったですが、年末は新興国株式インデックスが急上昇となりました。

先月の含み益が3%台だったのですが、今月は10%台となっています。

去年は成績の悪かった先進国を諦めずにコツコツ積み立てを継続して良かったです。

つみたてNISAの投資信託口座

202001_つみたてNISAの投資信託SBI証券評価損益
ファンド名損益評価額
eMAXIS Slim - S&P500+17.93%130,608円
eMAXIS Slim - 先進国株式+13.53%347,195円
eMAXIS Slim - 新興国株式+9.47%242,472円

つみたてNISAの口座ではひふみプラスを10万円ほど保有していましたが全て損切りしました。

損失額は2千円まで減っていたのと2020年に持ち越したくない気持ちで思い切って損切りしました。

また来月からつみたてNISA枠でも『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』の積立を開始する予定です。

つみたてNISAへの毎月の積立設定

月々の積立先の割り振りは以下のようにSBI証券で設定しています。

202001_投信積立設定
emaxisslim投資信託アイキャッチ画像
【eMAXIS Slim投資信託】先進国株式と新興国株式と全世界株式の違い投資信託業界で最低水準の運用コストを目標と宣言して絶好調な『eMAXIS Slim』シリーズについてです。先進国株式と新興国株式と全世界株式(除く日本)の違いについて調べました。 ...
SBI_VOO_目論見書
SBI証券とVanguardが共同ファンド設立『SBI・バンガード・S&P500(VOO)』積立NISAも対応SBI証券とバンガード(vanguard)で共同ファンドを設立しました。積立NISAの対象にもなっています。『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』について調べてみました。...

eMAXIS SlimとSBI・バンガード・S&P500を比較

202001-sbivoo-emaxisslim-1monthチャート

12月は新興国株式インデックスが圧倒的でした。

2019年ずっと悪かった新興国株式インデックスが最後に頑張ってくれて嬉しいです。

また先進国株式と米国株は同じ株価推移でしたがプラスになっているので全体的に大幅な含み益となってくれています。

投資信託 全資産推移とポートフォリオ

投資信託の商品割合

202001_投資信託ポートフォリオと月毎の資産推移

資産評価総額と元本の推移グラフ

202001_投資信託の資産推移

今月は毎月の積み立て10万円とひふみプラスの10万円分を売却したので元本金額は先月と同じになっています。

それでも評価損益は大きくプラスしています。12月がそれだけ資産が増えていることを示しています。

投資信託 記事まとめ

https://kabujin.com/nisa-401k-etf/


▼▼出口はこちら ブログランキング▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▼▼自己紹介▼▼
PVアクセスランキング にほんブログ村
▼▼Betmob投資ブログ▼▼

【広告】アマゾン・ポイントを確実にもらえるAmazonギフト券』の紹介です。

Amazonプライム会員』だと一般会員よりもポイントがお得です。

Amazonポイント付与一覧
(引用:Amazonギフト券)
関連記事