雑記

金融庁がソーシャルレンディングに対して注意勧告を出してます

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
失敗

私はやったことがないですが、ソーシャルレンディングで怪しい業者が詐欺的な商法をしている可能性が高いことを注意勧告しています。

そもそもソーシャルレンディングの仲介業をするには、第二種金融商品取引業の登録が必要になります。

その登録すらしていない業者には近づかない方が無難でしょう。

また、登録している仲介業者でもある程度の資本力のない会社で取引をして問題が起きた場合にも大きな損失を自分が被ることは頭に入れておきましょう。

私がソーシャルレンディングに近づかない理由は高い利回りだからです。

FXをしている人なら金利の高い国の経済状況がどうなっているか?理解できるでしょう。

金利や利回りが高いのは、そうしないとお金が集まらないからです。

日本はゼロ金利と言われている国ですが、信用が高く世界規模で経済リスクが出たら真っ先に購入されるのが日本の通貨です。

信用度と金利・利回りの関係

信用度と利回りの関係

つまり利回りの高い商品を扱うということは、信用度の低い商品とも言い換えられます。

私の目安としては利回り5%を超えている商品は、リスクを納得できなければ投資はしないと決めています。

また上場企業は詳細データを開示する必要がありますし、多くの人達が決算時の業績推移をチェックされています。それでも会社の将来性を見極めるのは難しいことを株式投資をして痛感しています。

それに比べてソーシャルレンディングでお金を集めている会社の情報は少ないし、そもそもその情報がどこまで信じられるか?わかりません。

それとネット上にあるソーシャルレンディングのおすすめ記事がアフィリエイト記事であることも私が近づかない大きな理由になります。

しかし、高いリスクを受け入れているので上手くいけばリターンも高いのは間違いありません。

ソーシャルレンディング業者の全てを否定はしませんが、少なくとも投資の素人は近づかない方が賢い選択だと私は思います。

金融庁:ソーシャルレンディングへの投資にあたってご注意ください


【広告】株式投資をはじめるなら、Tポイントも使えてネット証券No1
株デビューするなら SBI証券

▼▼米国株ブログ▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▼▼自己紹介▼▼
PVアクセスランキング にほんブログ村
▼▼Betmob投資ブログ▼▼

【広告】アマゾン・ポイントを確実にもらえるAmazonギフト券』の紹介です。

Amazonプライム会員』だと一般会員よりもポイントがお得です。

Amazonポイント付与一覧 (引用:Amazonギフト券)