雑記

高年収独身男子向け記事:年収と税金と幸福度の関係を調べた結果は・・

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

年収800万円を超えている、または将来超える予定がある独身エリート会社員な人達に向けて本日は記事を書いてみます。

若い頃は年収1千万円を目指して仕事を頑張る人も多いと思います。

そもそも1千万を目指すのはキリが良い程度の理由だと思います。

そんなあなたに実は年収800万円を超えて稼いでも良いことないよ。という記事になっています。

年収と幸福度の関係

300円で食べられる牛丼と3万円で食べられる高級ステーキを考えた場合に100倍の価値が本当にあるのか?

というように、年収300万円の人と年収3000万円の人では10倍の幸福度があるか?ということを調査した人がいるようです。

それによると年収800万円までは幸福度は年収に比例して上昇するようです。

しかし年収800万円から1500万円までの間では比例しにくくなり、1500万円以降から幸福度は変わらなくなるそうです。

201907年収と幸福度の関係

これは、1人に対する年収と幸福度の関係なのでDINKSの場合は世帯年収1,600万円までは幸福度と年収は比例するようです。

私のこれまでのサラリーマン人生でMAX年収は1000万円弱でした。

なので、1人で稼ぐ金額として上図にある年収と幸福度の関係グラフは結構しっくり来ると思いました。

やっぱり年収が1,000万円に近づくと精神的にも肉体的にもキツイ場合が多くなると思います。そこまでして高額な年収は必要か?と自問自答した場合にYESとなる人は少数派でしょう。

多くの人はお金よりも時間が欲しくなります。少なくても私の周りはそうでした。

DIAMONDオンライン『年収800万円を超えると幸福度は上昇しなくなる

年収と税金の関係(2020年からの所得控除が変わって増税となります)

2020年から増税があります。私はネットのニュースで見ましたが知らない人も多いのでは?

その増税内容は、給与所得控除に関する計算式が大きく変更されます。

簡単に言うとこれまで年収1千万を超えると税金が急に高くなっていたのですが、そのしきい値が1千万円から850万円に引き下げられます。

つまり日本のメイン収入でもあるサラリーマンからの所得税と地方自治体の収入でもある住民税を高所得者からもっと搾り取るために高所得者のハードルを下げたということになります。

年収850万とか関係ない人が多いのも事実ですが、結構このボーダーライン上に居る人は多いです。

首都圏で1部上場企業勤務の30代後半くらいなら、評価が高くて残業の多い人なんかは850万円超える人は多いと思います。

私の会社でも40代、50代なら多くの人が850万円を超えていますので増税となります。

以下に2020年以前と以降で給与所得税がどう変わるか?についてまとめました。

年収額負担増額
800万円以下これまでと同じ
850万円1.5万円
900万円3万円
950万円4.5万円
1,000万円6万円
1,500万円8.6万円
2,000万円8.6万円
3,000万円33.5万円
5,000万円36.9万円

※23歳未満の扶養家族が居る場合には段階的な増税になるようです。

この増税は、日本の平均年収が400万円とか500万円なのでほとんどの世帯は850万円は他人事です。なので、世論は全く動かないと思います。

また年収1500万円を超える高所得層にとっては増税額は誤差レベルでしょう。

したがって、今回の増税は年収850万円から1千万円レベルの世帯にとって厳しい増税となったのは間違いないでしょう。

参考:日本FP協会『2020年改正の基礎控除・給与所得控除について

あなたの年収って税金を人より多く払って幸せにもなれない事実

ここまででわかったことをまとめます。

年収800万円を超えても幸福度はたいして上がらない
2020年から年収850万円を超えた世帯は増税対象となる

ということです。

つまりは、年収800万円というラインを超えることがかなりの負担になる職場で働いている人は、その努力は意味があるのか?について一旦立ち止まって考えた方が良いのではないでしょうか?

もし、年収800万円以上の年収を得るのが負担はない職場であれば全く問題ありません。

ただ多くの職場では、中間管理職で多くの部下をまとめる精神的負担の大きな役回りを求められることが多いと思います。

その負担を強いられて、増税されて幸福度も上がらないのであれば何のために頑張っているのか?意味不明ですよね。


【広告】株式投資をはじめるなら、Tポイントも使えてネット証券No1
株デビューするなら SBI証券

▼▼米国株ブログ▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▼▼自己紹介▼▼
PVアクセスランキング にほんブログ村
▼▼Betmob投資ブログ▼▼

【広告】アマゾン・ポイントを確実にもらえるAmazonギフト券』の紹介です。

Amazonプライム会員』だと一般会員よりもポイントがお得です。

Amazonポイント付与一覧 (引用:Amazonギフト券)