雑記

新型コロナウイルスによる全世界同時株安は意外と短いかもしれない

老後までの時間

↓良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

新型コロナウイルスの影響で株価の下落が止まりません。

そこで自分の考えを整理するために記事を書きました。

なのでこの記事は株の売買を勧めるような意図は全くありません

未来のことは誰にも判らないので投資判断は自己責任でお願いします。

新型コロナウイルスはいつまで影響するのか?

今は未知のウイルスであり医療薬・ワクチンの目途もないのでパニック状態ですよね。

けど、コロナウイルスは既知のウイルスであり新型コロナウイルスと既知のコロナウイルスでどれだけ差異があるのかは知りませんが、治療薬・ワクチンの目途が付くまでに何年も掛かるでしょうか??

私は数ヶ月すれば治療の目途は立っていると思います。

ただ副作用などを調べるために実際に広く使えるようになるまでは時間が掛かるでしょう。

それでも治療の目途が見えればパニック状態は収まり、次第に株価の下落も止まると思います。

最大の懸念は中国のような強硬な封じ込め策が出来ないこと

瓶の中の男

現在では、イタリアやイランは中国の武漢のようになりつつあります。

また今後はアメリカでも同様に感染者が拡大する可能性は高いでしょう。

そうなると銃社会のアメリカでは悲惨な事件も増えそうです。なのでアメリカ、ヨーロッパのことを考えると武漢レベルの感染拡大が起きてから起こるさらなるパニック相場は十分に視野に入れておく必要があるでしょう。

そのような最悪の状況になった場合に中国のような強硬策を民主主義国家で実施できるのか?は怪しいと思います。そうなれば事態の収拾は長期化することになるでしょう。

そうなれば経済への影響は・・・これは最悪のシナリオですね。

つまり株式相場が今以上に暴落する可能性は十分あるでしょう。(あと数回くらいの下げ相場が続くことも想定しています)

ただ、感染拡大に歯止めが効かない状況となっても最終的には感染者の8割以上の人達が完治することを考えれば、経済への影響は限定的に終わる可能性も十分にあるでしょう。

コロナウイルスで株価下落が収まる条件は何か?

アイディアを思いつくイラスト

このように考えるとコロナ・ショックが収まる条件は以下の2点だと思います。

  1. コロナウイルスの治療薬に目途が立つ
  2. 欧米での感染者拡大を抑えてパニック状態を回避する

 

この2つの条件が早期にそろえば株価は上昇すると思います。

ただ、②の条件が可能なのか?ですよね。。。

もう既にヨーロッパでは回避は不可能だと思えます。さらにアメリカ人の楽観的な国民性を考えるとアメリカでもある程度の感染者拡大は不可能でしょう。

そうなると、いかに①の治療薬を早期に開発出来るか?にかかっているような気がしますが、全人類の危機であるのなら人類は国境を超えて協力してウイルスからの危機を乗り越える力があると信じたいです。

つまり、私的にはこの全世界株安相場はこれから3ヶ月~6ヶ月程度で終わると信じて投資しようと思っています。(もちろん今後の状況で柔軟に方針は変えていきます。)

逆にこの騒ぎが6ヶ月以上続くならば、世界は想像以上にヤバい状態になっていると思います。


▼▼出口はこちら ブログランキング▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▼▼自己紹介▼▼
PVアクセスランキング にほんブログ村
▼▼Betmob投資ブログ▼▼

【広告】アマゾン・ポイントを確実にもらえるAmazonギフト券』の紹介です。

Amazonプライム会員』だと一般会員よりもポイントがお得です。

Amazonポイント付与一覧
(引用:Amazonギフト券)