ブログ運営

【のんくら本 書評】Google AdSense マネタイズの教科書 [完全版]


『Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]』は、ネット上で”のんくら本”と呼ばれいます。

なので、当ブログでも”のんくら本”と呼ばせて頂きます。

特にTwitterでの評価が凄く良くて、近くの本屋で立ち読みしに行ったらそのまま購入してしまいました。笑

本当はリアルな書籍は買わずにKindle版を買いたかったのですが、アマゾンからKindle版が出ていなかったのが残念なポイントです。

最終評価

総評:アドセンスに関する前半の内容は文句なし。

ただサイト運営に関する内容が多くてブロガーには関係ない内容が半分以上だった感じです。

それでも購入して良かったと思えた本でした。

のんくら本のGoodポイント

この本が私にレンタルサーバーに金を掛ける覚悟をさせた本です。

最初はブログごときで高速サーバーをレンタルするのは愚かな行為と考えていました。

なぜなら、所詮は個人ブログで高速スペックがないとさばけないようなアクセスが来るわけないだろうと。

つまり、高速サーバーのレンタルは全て高額を支払う成果報酬型アフィリエイトにガンガン金を使って騙された人たちがレンタルして商売しているという偏見を持っていました。

なので、月500円のレンタルサーバーしか眼中にありませんでした。

そんな中この本を読んでみて考えが大きく変わりました。

全てはユーザーファースト視点で考えることがグーグルアドセンスで長期的に勝ち続ける唯一の方法と悟りました。

あと、ユーザーファーストとして自分のサイトで満足したユーザーの行動がセッション切断(つまりはWebブラウザを終了する)ということも目から鱗でした。

私の中ではサイト滞在時間こそ重要なポイントと思っていましたが、これを読んで考え直す必要がありそうです。

自分の考えを変えさせる書籍に出会えただけでも購入した意味は十分でした。

これをnoteで有料で販売すれば1万円くらい取れそうな内容だと思いました。

のんくら本Badポイント

あくまで私にとってのBadなポイントです。

私はサイト運営をする予定はなく、ブログの収益増加を考えています。この前提の読者にとっては読むポイントが少なすぎでした。

特にChapter4以降の内容には不要な箇所が多くてスキップしまくりました。

なのでサクっと一日で読み終えました。

たぶん多くのブロガーにとって、この本で重要な内容は前半半分だと思います。

のんくら本の目次

CHAPTER 1

長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方
AdSenseで「稼ぎ続ける」ためには、「テーマの選び方」が大切です
今だけのテーマを紹介するのみでは、ブームが去ればアクセスは一気になくなります。
AdSense に「向く」「向かない」テーマの選び方を知ることで、一時の流行に流されず、ずっと収益を生み出すサイトを生み出すことができるようになります。

CHAPTER 2

アクセス数を安定させる「SEO戦略」
検索からの集客だけに依存していると、ライバルサイトに検索順位を抜かれたり、Googleの検索アルゴリズム変動を受けたりし、翌月にはアクセスがゼロになることもあり得ます。
「稼ぎ続ける」ためには「検索順位を維持してアクセスが安定するコンテンツ」を作ることが必要不可欠です。

CHAPTER 3

読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」
「稼ぎ続ける」ためには、ナンバー1ではなくオンリー1のコンテンツを作成することが大切です。
誰にも負けないほどの知識を身につけることが、良質なコンテンツを作ってサイトを差別化することに繋がります。
そして、作るからには、AdSense向けに、収益が上がりやすくなるサイト構築を覚えることが成功への第一歩です。

CHAPTER 4

稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法
「稼ぎ続ける」ために、広告についてはどう考えているでしょうか?
「一度、実装したらそれで終わり!」ということでよいのでしょうか?
「稼ぎ続ける」サイトにおけるAdSenseについて、市場動向、最新のプロダクトの状況、実装方法から効果測定まで掘り下げて解説します。

CHAPTER 5

「オーソリティーサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう
「稼ぎ続ける」サイト運営を続けていきたいのなら、個人の小さな知を広く伝える情報サイトを構築し、そのサイトをオーソリティー化することが大事です。
たとえそれがニッチな分野であっても「○○といえばこのサイト!」と1番に思い出してもらえるようにするサイトの構築術を紹介します。

CHAPTER 6

CHAPTER_6 10年先も安定して稼ぐために
安定してAdSenseで稼ぐために、核となる考え方、困難に立ち向かうためのメンタルの保ち方と解決法についてアドバイスをしていきます。

▼ここをポチっと▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
関連記事