FIRE

バンガード・セクターETFはインカムゲイン(分配金)とキャピタルゲイン(譲渡益)どっちで選ぶ?


2018年12月にバンガード社の販売しているセクター別のETFについて紹介しました。

そろそろ真面目にバンガード社ETFの購入をしようと考えているので、どの商品を買うか決める必要があります。

そこで、今回はセクターETFについてインカムゲインとキャピタルゲインについてまとめてみます。

尚、今回の調査時期は2019年2月28時点になります。

バンガードETFの経費率が下がったのですが、その中にはセクターETFは入っていませんでした。有名なETFとしては以下があったので簡単に紹介しておきます。

詳細はバンガード・インベストメント・ジャパンのツイートのURLを参照してください。

2019/02/26に変更された経費率

・VT(トータル・ワールド・ストックETF):0.10% -> 0.09%
・VWO(新興国市場ETF):0.14% -> 0.12%
・VYM(米国高配当株式ETF):0.08% -> 0.06%

バンガード・セクターETF 分配金ランキング(インカムゲイン)

ティッカー ファンド名称 直近配当利回り
VPU 米国公益事業セクターETF 3.23%
VOX 米国通信サービス・セクター 3.10%
VDE 米国エネルギー・セクターETF 3.02%
VDC 米国生活必需品セクターETF 2.97%
VFH 米国金融セクターETF 2.41%
VAW 米国素材セクターETF 2.02%
VIS 米国資本財・サービス・セクターETF 1.82%
VHT 米国ヘルスケア・セクターETF 1.44%
VCR 米国一般消費財・サービス・セクターETF 1.33%
VGT 米国情報技術セクターETF 1.32%

2018年11月末時点では「米国通信サービス・セクター」が直近配当利回り:3.60%で1位だったのですが、この3ヶ月の間にVPU(米国公益事業セクターETF)に抜かれていました。

バンガード・セクターETF 譲渡益ランキング(キャピタルゲイン)

ティッカー ファンド名称 5年譲渡益率(%)
VGT 米国情報技術セクターETF 192.33/91.69 = 209.76
VHT 米国ヘルスケア・セクターETF 173.37/109.11 = 158.89
VCR 米国一般消費財・サービス・セクターETF 168.55/109.52 = 153.89
VFH 米国金融セクターETF 66.80/44.51 = 150.07
VPU 米国公益事業セクターETF 126.13/88.41 = 142.66
VIS 米国資本財・サービス・セクターETF 141.84/99.90   = 141.98
VDC 米国生活必需品セクターETF 140.05/108.28 = 129.34
VAW 米国素材セクターETF 124.91/105.43 = 118.47
VOX 米国通信サービス・セクター 81.84/80.80 = 101.28
VDE 米国エネルギー・セクターETF 88.59/125.29 =  70.70

現在のETF価格と5年前のETF価格の上昇率でランキングを決めました。

ちなみに、5年チャートを以下の3つの価格推移で比較したチャートです。

・S&P500(黄)
・1位のVGT(青)
・10位のVDE(赤)

当たり前ですがどこに投資するかで全然違いますね。

バンガードvsSPX5年チャート

バンガード・セクターETF 5年トータルリターン(配当+譲渡益)

ティッカー ファンド名称 5年リターン 3年リターン
VGT 米国情報技術セクターETF 17.67% 25.58%
VHT 米国ヘルスケア・セクターETF 11.17% 14.15%
VPU 米国公益事業セクターETF 11.05% 11.60%
VCR 米国一般消費財・サービス・セクターETF 10.85% 14.51%
VFH 米国金融セクターETF 10.78% 17.34%
VIS 米国資本財・サービス・セクターETF 9.45% 15.01%
VDC 米国生活必需品セクターETF 8.18% 5.26%
VAW 米国素材セクターETF 5.64% 13.29%
VOX 米国通信サービス・セクター 3.62% 0.84%
VDE 米国エネルギー・セクターETF -4.08% 6.81%

まとめ:インカムゲイン vs キャピタルゲイン

ブルVSベア画像01
こうして見るとハッキリしますよね。インカムゲイン(分配金)なんてキャピタルゲインと比べると誤差レベルでした。

インカムゲインの2位(VOX)と3位(VDE)はトータルリターンでは9位と10位の最下位争いをしていました。ただ、インカムゲインの1位(VPU)は健闘していました。トータルリターンでも3位にランキングしていました。

けど、VPU「米国公益事業セクターETF」は、アメリカの財政赤字を考えると手を出しにくいセクターです。

なのでやっぱりセクターETFの購入候補は

バンガード・セクターETF 5年リターン 5年譲渡益率 直近配当利回り
VGT「米国情報技術セクターETF」 17.67% 209.76% 1.32%
VHT「米国ヘルスケア・セクターETF」 11.17% 158.89% 1.44%

の2択という結論になりました。

そして最大の懸念が円高リスクをどー見るか・・・になります。それが怖くてなかなか買えないのです。ドルコスト平均法で何も考えずに定期的に購入すれば良いだけなんですけどね。。。

・バンガード・セクターETF利回りランキング記事(2018年12月時点)

Vanguardアイキャッチ画像
SBI証券で購入出来るバンガード・セクター指数連動ETFの配当利回りランキングSBI証券で購入出来るバンガードETFのセクター指数連動について調査して、配当利回りランキングを作成しました。...

・バンガードETF・人気購入ランキングTOP5(2018年12月時点)

Vanguardアイキャッチ画像
バンガード(vanguard)・ETF人気TOP5を紹介SBI証券で購入出来るバンガードの人気TOP5を紹介した記事です。...
▼いい記事と思ったら押して下さい
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ