日本株

【リミックスポイント】これまでの株価上昇の理由と赤字決算発表後の株価推移まとめ


仮想通貨取引所ビットポイントを子会社として運営しているリミックスポイントは2018年4月~12月の決算発表を2月14日(木曜)に発表しました。

その結果はご存知の通りで、大幅な赤字決済となりました。15日にはストップ安で取引を終えて、その日の夜のPTSでもストップ安となっていましたが、週が明けた18日(月)は寄り付いて終値で320円となりました。

個人的にはフィンテック銘柄として注目しており、仮想通貨の未来を信じる1人として応援していますが、仮想通貨の復活が見えていない中でリミックスポイントの体力が持つかどうかにかかっていると考えます。

また、私もフィンテック銘柄のメタップス株を保有している身としては今回のリミックスポイントの株価下落は他人事には思えません。

リミックスポイント2019年3Q決算について

リミックスポイントの連結決算については売上高が98億6,700万円だったが、販管費が大幅にかさみ、営業損益は3億900万円の赤字となっています。

リミックスポイント2018年3Q決算概要

今回の決算はかなりのサプライズ決算となりました。そもそもは去年の通期決算時には営業利益100億円と豪語していた会社が3Q決算で急に赤字決算を発表したので、ネット上では社長の小田氏に批判が集まっています。

また、2018年11月14日にIRで発表された通期連結業績予測を未定にすると発表した時点で経営陣は今回の赤字決算の数字は読めていたと思われるので不誠実な対応と言われても仕方ないとも思えます。

ただ良いニュースもあります。

今年1月末に新会社であるスマートフィナンシャルを設立することを発表し、セキュリティートークンの取り扱いも考えており、最終的に第一種金融商品取引業への登録を目指すとしていることです。

今回の決算では赤字決算となりましたが、将来的に化ける銘柄となるポテンシャルも感じます。

リミックスポイントのこれでの株価推移と出来事まとめ

仮想通貨コンビニ決済ニュースで株価爆上げ

最初に大きく株価が上昇したのは、2017年5月28日にブルームバーグでコンビニ決算として仮想通貨を使えるように検討しているニュースが入ったことでした。

リミックスポイントの株価2017年

そして、ブルームバーグでのニュースがこちらです。

東証マザーズに上場するリミックスポイントの子会社で仮想通貨「ビットコイン」の取引所を運営するビットポイントジャパンは、国内大手コンビニチェーンとビットコイン決済の導入に向けて協議している。同社の小田玄紀社長(リミックスポイント社長も兼任)はブルームバーグ・ニュースのインタビューで「現在すでに大手コンビニと協議中で、早くて年末、多分来年には内容を発表できる」と話した。

おそらく、2018年の初めに起きた仮想通貨バブルの崩壊とコインチェックによる仮想通貨流出などでイメージが悪くなって、2019年現在でも仮想通貨決算はコンビニでは実現していません。家電量販店などではビットコイン決算もありましたが普及している状況にはほど遠いのが現状です。

日本の仮想通貨に対する税制度が複雑なことも仮想通貨決算の普及を阻む大きな要因ですので、かなりのハードルが待ち構えているのは間違いない状況ですが仮想通貨決済の未来は必ず来るとは個人的には思っていますが、数年後に実現出来ることもないでしょう。。

2018年度通期決算の営業利益100億円予測で株価が急上昇

さきほどの2017年コンビニ決算ニュース後は徐々に株価が下がっていたのですが、その流れを変えたのが2017年度の通期決算発表でした。

リミックスポイントの株価2018年01

2018年3月期決算説明資料から売上330億円、営業利益100億円の業績予測

リミックスポイントの2018年決算説明資料

しかし、その雲行きが一転して変わったのが2018年11月に発表されたIRニュースでした。

2019年2Q決算発表で2019年業績予測を白紙撤回で株価急落

リミックスポイントの株価2018年02

2019年2Q決算発表で開示された「2019年3月期第2四半期連結累計期間の業績予想と実績値の差異及び通期連結業績予想の修正に関するお知らせ 」

当社は、2018年5月15日に開示しました2019年3月期(2018年4月1日~2019年3月31日)第2四半期連結累計期間の連結業績予想と本日公表の実績値に差異が生じましたのでお知らせするとともに、通期連結業績予想を未定とすることといたしましたのでお知らせいたします。

この決算発表で雲行きが怪しくなりました。

この決算発表でも信じぬいたリミックスポイントのホルダーでしたが、先日の3Q決算発表では冒頭に書いたような赤字決算でさらに苦境になっています。

そういえば、私が保有しているメタップスもトリプルワンを2020年度で達成すると言っていますが、市場では誰も信じていない状況となっています。(既に達成できないことは株価に織り込み済みでしょう)

2019年2月11日の週間チャート

20190214_rimixpoint週間チャート

2月14日の取引終了後にリミックスポイントが2019年3Q決算を発表した良く5日はストップ安となっています。

2月18日の1日チャート

20190218_リミックスポイント1日チャート

ストップ安は1日で終わりました。週が明けた18日の月曜は安値は”292円”で高値は”329円”となりました。最終的には320円で取引を終えました。

▼いい記事と思ったら押して下さい
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ