雑記

ダイエットを成功させる秘訣は節約意識を高めることだった

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

節約を意識しはじめたのは40代になってからです。

節約の初級編としては固定費の見直しでした。

  1. 家の家賃を下げるために引越しをする
  2. タバコの喫煙をやってみる
  3. ドコモの携帯から格安Sim携帯に切り替える
  4. 飲み歩きを辞める

節約の中級編としては不要なおしゃれを捨てました。笑

  1. 洋服を買いに行く頻度を減らす(もちろんユニクロ多め)
  2. 美容院から1500円カットのイレブンカットに変える

このように節約をすすめるとコストカットできる支出がどんどんと減ってきます。

20代、30代は無駄な出費がいかに多かったことかと身に沁みます。

そして最後に残った砦が外食メインの食費となります。

けど食費って人間の3大欲求の1つなので、削減するのは簡単ではありません。

40代から人間ドックで高血圧と指摘されはじめた話

病院のイラスト

ここ数年人間ドックの度に高血圧と指摘されています。

高血圧になると脳卒中を起こすか確率が上昇するようです。

それに高血圧で何か困るような自覚症状もないので困ったものです。

放置するといつか脳卒中で倒れて・・・

けど安心して下さい。

日本には高血圧な人達が1,000万人以上居るそうです。

そして高血圧が長く継続すると薬を進められます。

けどこの高血圧を下げる薬に手を付けると一生飲み続ける運命となるそうです。

これは高血圧の薬を買い続けるお金が必要になることを意味します。。。

無駄な出費の代表と言えば、不健康から来る病院や薬代でしょう!

なぜ高血圧になったのか?

ダイエットのイラスト

高血圧になる原因は様々です。

遺伝もあるし加齢もある。

私の場合は人間ドックの先生からも言われたことの1つが肥満でした。

体重が増えることも高血圧になる要因の1つだそうです。

じゃー体重を減らして血圧がどうなるか?確認すれば良い。

しかし・・・体重を簡単に減らすことが出来れば苦労はしません。

40代のダイエットは20代、30代とは全く違います。

20代、30代は食事制限か運動のどちらか1つでもやれば簡単に体重が落ちました。

けど40代は両方やっても体重が落ちません・・

40代になって腰痛にも苦しめられる

そして話は変わりますが、腰痛って辛いです。。。

子供の頃におじいちゃんが「よっこいしょ!」って言いながら

動いていた気持ちがわかる年齢になってしました。笑

そしてふと思ったことは、腰痛も肥満が原因ではないのか?ということです。

40代になって加齢からくる腰痛だと思い込んでいました。

けど加齢じゃなくて、肥満だったというオチです。。

これまでは接骨院とかに行ってマッサージが必要かとも思いましたが

これも痩せれば済む問題の可能性が高いです。

早く痩せないと定期的に通うことになる整骨院の治療費も出費することになります。

ダイエットすれえば健康になり食費も減り将来の医療費削減にもなる最強の節約術だった

これまではダイエットは健康の為という考えでやっていました。

だからモチベーションの維持も難しかったです。

しかし、よくよく考えるとダイエットって実は最強の節約術ということに気が付きました。

ダイエットには3つもメリットがありました。

  1. 食費の削減
  2. 将来の医療費削減(高血圧の薬、マッサージなど)
  3. 健康で長生きもできる(年金沢山もらえる)

 

こう考えればダイエットをもっと頑張れそうな気がして来ました。

節約するのが好きな今の自分にとって①と②のコストカットができるのは大きいです。

最近思うのはダイエットに重要なことは方法ではなく、意味・意義だと思います。

ダイエットが続かない人って、結局のところモチベーションの維持ができません。

私の例ではダイエットする意味と言えば、健康とか女子にモテたいというペラッペラッに薄い動機でした。

もちろんですが、それだと続きません。

まぁーいっか。。ってなります。

だから、今後のダイエットはコストカット、節約のためにやっていると考えることにします。

そう考えを変えることでどうなるか?については今後も継続して報告していきます。


【広告】株式投資をはじめるなら、Tポイントも使えてネット証券No1
株デビューするなら SBI証券

▼▼ブログランキング▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▼▼自己紹介▼▼
PVアクセスランキング にほんブログ村
▼▼Betmob投資ブログ▼▼

【広告】アマゾン・ポイントを確実にもらえるAmazonギフト券』の紹介です。

Amazonプライム会員』だと一般会員よりもポイントがお得です。

Amazonポイント付与一覧
(引用:Amazonギフト券)
関連記事