FIRE

2018年貯金額から2019年貯金予想金額を算出してから投資先を考える


FIRE(Financial Independence, Retire Early)という概念を知って、まずは6,300万円を15年間で貯める為に年間320万円を高配当・分散投資に回すことを決めました。

FIREMOVEMENT
FIRE(Financial Independence, Retire Early)から守りの資産形成を再考アメリカで流行っているFIREを知って2019年以降の投資戦略を考え直すきっかけとなりました。まだ考え始めたばかりなので今後柔軟に変えていくとは思います。...

それでそもそも2019年に1年間でいくらくらい貯金に回せるか?を改めて計算し直してみます。

そこでまずは、2018年の貯金額を振り返り、その実績をベースに2019年の年間貯金額を設定することにしました。

2018年の1年間の貯金額を振り返り

2018年 収入金額 支出金額 収支金額
1月 468,737 169,644 299,093
2月 253,914 122,621 131,293
3月 953,495 257,651 695,844
4月 311,922 136,441 175,481
5月 308,751 111,087 197,664
6月 316,345 139,352 176,993
7月 965,970 124,907 841,063
8月 309,444 129,921 179,523
9月 336,588 176,938 159,650
10月 371,576 121,815 249,761
11月 429,555 124,711 304,844
12月(仮) 1,308,139 130,000 1,178,139
1年間の合計金額 6,274,743 1,745,088 4,589,348

ということで、2018年は約450万円の貯金が出来ました。

損失はそれ以上ですけどね!笑

2019年年間貯金額の目標設定

さっきの計算結果からしても、2019年も普通に過ごせば450万円の貯金は出来そうです。

それに加えて私は2018年の後半から副業をやっています。その伸びしろ次第で2019年の貯金額は天井知らずで伸びていきます。

そこで、まずは副業からの年間収益を50万円として目標設定します。

これで2019年の年間貯金額が500万円となりました。

収入元 年間貯金額
会社(本業) 450万円
副業(ネット、株) 50万円
2019年の年間貯金額 500万円

500万円の貯金があれば、FIREチャレンジで320万円を高配当分散投資に回しても、180万円余ります。

なので、余った180万円はこれまで通りにハイテク・グロース株に投資を継続出来そうです!!

割合としても6:4で投資資金の振り分けが出来ているので良い感じになりました。

さらに副業も頑張って、5:5にすることも目標に頑張れます!

というわけで、ハイテク株への集中投資も継続しながら高配当銘柄への分散投資もする2刀流で行こうかと思います。

2018年の株資産配分を振り返り、2019年の投資先を考えてみた2018年に購入した株資産配分を総括をして、2019年からの投資先を検討した記事です。...
▼ここをポチっと▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
関連記事