投資信託

SBIVOOの信託報酬率業界最安値に対してeMAXIS Slim(S&P500)も値下げを発表

20190610-emaxis-slimアイキャッチ画像
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

9月にSBI証券が設立したファンド

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

が打ち上げた業界最安値の信託報酬があります。

SBI_VOO_目論見書
SBI証券とVanguardが共同ファンド設立『SBI・バンガード・S&P500(VOO)』積立NISAも対応SBI証券とバンガード(vanguard)で共同ファンドを設立しました。積立NISAの対象にもなっています。『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』について調べてみました。...

そこに対して、これまで常に信託報酬の値下げに追随している

eMAXIS Slim(業界最低水準の運用を宣言している)がどう出るか?

とネット上ではザワザワしていましたが、その結果が先日ついに発表されました。

eMAXIS Slimが発表した信託報酬率の値下げについて

ファンド名信託報酬率:変更前信託報酬率:変更後
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.15%以内0.088%以内
eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)0.12%以内0.104%以内
eMAXIS Slim全世界株式(3地域均等型)0.12%以内0.104%以内
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)0.12%以内0.104%以内

引用元:『10月15日に発表されたプレスリリース

上記の信託報酬は税抜きです。

つまり、これに消費税10%を上乗せすると

0.88% x 1.1% = 0.0968%

になります。

SBIVOOは税込みで0.0938%

ファンド名信託報酬率(税込み)
eMAXIS Slim米国株式(S&P500)0.0968%
SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド0.0938%

つまり、業界最低水準の運用を宣言しているeMAXIS Slimがギブアップしたことになります。

SBI・バンガード・S&P500以下の信託報酬率を設定をしたくても、三菱UFJ国際投信として設定出来なかったことが、ここまで発表が遅れた原因だというのは間違いなさそうです。

これまでeMAXIS Slimの看板商品だった先進国株式インデックスは?

『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド』以下に『eMAXIS Slim米国株式(S&P500)』ができなかったことの他にも残念だったことがあります。

それは、これまでeMAXIS Slimシリーズの中で1番信託報酬率が低かった先進国株式インデックスの扱いです。

私は当然のように『eMAXIS Slim先進国株式インデックス』の信託報酬率を下げると思っていました。

しかし。。。

さっきの発表の中に『eMAXIS Slim先進国株式インデックス』の値下げの内容はありませんでした。

あれ。。。期待していたんですけどね。

これが『eMAXIS Slim』シリーズとしての限界点ということでしょうか??

私としては今後も『先進国株式インデックス』と『新興国株式インデックス』を保有し続ける予定なので、さらなる信託報酬率の値下げに頑張って欲しいと期待しています。


【広告】株式投資をはじめるなら、Tポイントも使えてネット証券No1
株デビューするなら SBI証券

▼▼ブログランキング▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▼▼自己紹介▼▼
PVアクセスランキング にほんブログ村
▼▼Betmob投資ブログ▼▼

【広告】アマゾン・ポイントを確実にもらえるAmazonギフト券』の紹介です。

Amazonプライム会員』だと一般会員よりもポイントがお得です。

Amazonポイント付与一覧
(引用:Amazonギフト券)
関連記事