雑記

【独身お金事情】平均貯金額と平均年収額を年齢別・最新情報で調査


独身・年齢別で年収を探してみました。

結局貯金額の全体平均を知ってもしょうがないですよね。

結婚子持ちかDINKSか独身かで全然違うだろうし、年代でも全然違うからです。

そこで、単身世帯に絞って年齢別の平均貯金額と平均年収額を調べてまとめました。

2018年の最新情報としては、『平成30年調査:平成30年6月22日(金)~7月4日(水)』が最新でした。

10月以降の株価暴落で、さらに資産額は目減りしているのは確実ですね。

来年の調査結果が出たら、当ブログで公開したいと思います。

年代別・平均貯金額(金融資産を保有していない世帯を含む)

年代 平均貯金額 中央値 金融資産非保有
20歳代 128万円 5万円 45.4%
30歳代 317万円 40万円 39.7%
40歳代 657万円 25万円 42.6%
50歳代 1,043万円 100万円 39.5%
60歳代 1,613万円 500万円 26.7%
年代別平均貯金額_保有資産なしを含む

目立つのが資産を保有していない世帯がガチで多すぎってことです。

しっかり貯金したい派としては、20代はまだしも30代以降でも多くの割合で貯金していない現状にビックリ!でした。

こんな平均貯金額に意味ない!ってことで、ちゃんと金融資産保有世帯のみの調査結果もありました。

年代別・平均貯金額(保有資産を保有している人のみ)

年代 平均貯金額 中央値
20歳代 239万円 85万円
30歳代 533万円 250万円
40歳代 1,177万円 500万円
50歳代 1,762万円 711万円
60歳代 2,218万円 1,100万円
年代別平均貯金額_保有資産あり

貯金をちゃんとしている保有世帯のみにすると、グッと上がりますね。

この数値で自分の貯金額と比較するべきですね。

最初の全体の平均値を見て、自分を甘やかさないように気を付けましょう!

保有資産の預け先(年代別ポートフォリオ)

年代 預貯金 定期性預貯金 財形貯蓄 投資信託 株式 債券 個人年金保険 生命保険 その他
20代 94万 41万 6万 14万 19万 2万 34万 24万 4万
30代 183万 106万 13万 24万 85万 11万 37万 51万 22万
40代 248万 281万 13万 56万 270万 20万 63万 80万 146万
50代 255万 448万 30万 175万 255万 78万 223万 196万 102万
60代 327万 525万 11万 253万 419万 102万 190万 218万 175万
年齢別金融資産推移

これだと判りにくいので資産の絶対値でなく、割合でそれぞれの年代を比較してみます。

年齢別金融資産ポートフォリオ

このグラフで比較すると、年代が上がるにつれて預金が少なくなります。

その分が、株式や投資信託の割合が上がっていました。

年と共に金融の知識が増えていき、銀行預金に預けることがもったいないと悟るのでしょう。金融知識を早く知るということの重要性がこれで判ります。

年収から貯金に回す割合(年代別、年収別)

年代 平均貯金率
20歳代 15%
30歳代 14%
40歳代 13%
50歳代 11%
60歳代 8%

この結果は意外でした。

私は年齢と共に大きく貯金に回す金額が増えていたので、それが普通だと思っていましたが。。。

次に年収別で貯金に回す割合を見てみましょう。

年収 平均貯金率
300万円未満 8%
300~500万円未満 15%
500~750万円未満 19%
750~1,000万円未満 23%
1,000~1,200万円未満 19%
1,200万円以上 4%

これは想像通りですね。年収が上がりすぎると出ていくお金も増えています。

これは、年収が高いと見栄を張りたいという意識もあるでしょうが、それよりも付き合いで出ていくお金も多いので、貯金に回すお金が少なくなるのでしょう。

年代別・平均手取り年収額

年代 平均値 中央値
20歳代 203 200
30歳代 302 250
40歳代 326 300
50歳代 287 248
60歳代 228 200
年代別平均手取り年収

働き盛りの40代が一番平均年収は高いようです。その後は下げています。。

また60歳を超えて働いてる人も増えているんでしょうね。

働くことが嫌いな私からしたら、このデータは辛い現実ですね。

年齢別で年収、貯金、借金額を公開(最新調査結果:2018年4月~6月)政府統計総合窓口で発表された年齢別の年収額、貯蓄額、負債額についてまとめた記事...
▼ここをポチっと▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
関連記事