【生涯年収】上場企業サラリーマン・万年平社員の生涯賃金をガチ公開

株JIN.com(@sasa109sasa)資産運用ブログへようこそ。

生涯年収っていろいろと書かれていますが、大体は四季報などで発表されている平均賃金から計算した場合が多い。

その年だけを切り出して生涯賃金を計算して、どこまで正確なのって思いませんか?

私は既に40代になっており、管理職になっていないので一般的に言われる万年平社員になります!笑

1部上場企業で万年平社員として定年まで勤めた時の参考にして頂ければと思い公開することにします。

自己プロフィール

・勤務先:1部上場企業
・勤務地:都内
・学歴:大卒(学部卒で地方の私立大学)
・働き始めた年齢:23歳(一浪している)
・転職経験:なし
・現在の年齢:40代中盤

2018年の会社四季報から上場企業の生涯賃金を計算したランキング

順位 企業名 生涯年収(万円)
平均生涯年収 2億2052万円
1 M&Aキャピタルパートナーズ 12億8890
2 キーエンス 8億3636
3 ストライク 7億1041
4 GCA 5億9780
5 マーキュリアインベストメント 5億9066
6 三菱商事 5億5253
7 ヒューリック 5億5231
8 伊藤忠商事 5億3362
9 朝日放送グループホールディングス 5億2188
10 日本M&Aセンター 5億2056
・・ ・・・ ・・・
461 メタップス 2億6732
500 データ・アプリケーション 2億6514

461位は私が個別銘柄として保有しているメタップスが居たので記載しています。

そして、私の会社もこの500位に入っていました。

がしかし、当然万年平社員なので平均生涯年収には届かずでした・・・まぁ~当然ですね。

学歴別の生涯年収

学歴 生涯年収(万円)
大卒平均 2億8653
早稲田大学 3億8785
慶応義塾大学 4億3982
東京大学 4億6126

この大学平均ってのが高すぎですね。結構昔のデータで生涯賃金を計算したと思います。

ここから5,000万円~7,000万円くらい引いた年収になっていると思います。

生涯年収学歴別比較 年齢別年収学歴別比較

自分の生涯年収を計算

自己年収・20代(24歳~29歳)の年収推移(1部推測)

年齢 年収(万円)
24 400
25 400
26 440
27 500
28 540
29 650

※24歳、25歳の年収は記録で残っていなかったので、26歳の年収から推測してます。

29歳から残業を今するとブラック企業と言われるほどしてるので、年収が100万も上がっていますね。

自己年収・30代(30歳~39歳)の年収推移

30 680
31 710
32 640
33 580
34 650
35 650
36 660
37 560
38 610
39 660

30歳~32歳までも継続して残業しまくりでした。そして33歳で一旦休憩していましたね。

自己年収・40代(40歳~49歳)の年収推移(1部推測)

40 690
41 750
42 850
43 800
44 850
45 800
46 860
47 840
48 830
49 820

40代の前半で既に年収は800万円くらいで落ち着いて来ました。このまま定年まで会社が傾かない限りは、このペースで行けそうな感じです。

自己年収・50代(50歳~60歳)の年収推移(推測)

50 800
51 800
52 800
53 800
54 800
55 800
56 800
57 800
58 800
59 800
60 500

最後の50代は全部予測です。50代年収は残業代と会社の業績によって変わるボーナスで大きく左右されるのですが、細かい計算はメンドクサイので800万円で統一して計算しています。50代を超えても残業ガンガンはしたくないですね・・・800万円で十分なのでのんびり過ごすことが目標になります。

ベストケースは資産6,000万円を超えて利回りで生活出来ていれば、アーリーリタイアでハッピーリタイアメントが出来て、最高の50代なのですが・・さて、どーなるでしょうか。

24歳~60歳までの年収推移グラフ・生涯年収を公開

生涯年収推移グラフ公開
年代 Total年収
24歳~29歳 2,930万円
30歳~39歳 6,400万円
40歳~49歳 8,090万円
50歳~60歳 8,500万円
24歳~60歳(生涯年収) 2億5,920万円

最後に生涯年収の計算結果を公開しておきます。

2億6,000万円でした。

これに退職金と企業型確定拠出年金を合わせると

2億8,000万円くらいにはなりそうですね。

となると・・・出世レースを頑張り続ければ3億は超えれることになりますね。

まぁー、自分には管理職の人達の厳しい出世レースに耐えられる精神力は持っていないので現状キープで十分です。

あ。うちの会社に居る30代・20代の人達は、こんなにもらえない世代です。

なので、その世代は出世レースなんて内向きな努力でなく、転職市場での価値を高める汎用的なスキルを付けないといけないので大変ですよね。。。

今の40代は50代や60代の上の世代を羨ましいと良く言っていますが、20代、30代の人達からすれば、40代も十分に羨ましい世代になるんだろうなと思いました。

▼いい記事と思ったら押して下さい
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ