FIRE

本気で会社を辞めたい人へ『シンプルなセミリタイアプラン』を紹介

株JIN.com 資産運用&公開ブログ】

会社を辞めたいと思って日々過ごしている30代、40代は多いことでしょう。

逆に50代だとゴールの定年が見えている人が多いので少なそうですよね。

自分も30代中盤くらいから会社を辞めて経済的な自由人になりたいと思いつつ40代に突入しています。

ネット上ではそういう人達をターゲットにして煽り商法で稼いでいるネット有名人も多いですよね。

それはそれで炎上商法で必死に煽っているのが見え見えで悲しさすら感じますので、そういう感じでサラリーマンをセミリタイアしたくはないですね。

私の理想とするスタイルは、こんな感じです。

理想的なリタイア

1.生活費は、資産運用年率4%で確保
2.遊興費は、ブログ運営による副収入で確保

その為に私が行動していることについて紹介していきます。

私が考える『セミリタイアプラン』を紹介

キャッシュフローを考える
後先考えずに会社を辞めるパターンの人も居ますが、性格的に私には出来ません。

どうしても辞めた後の生活を考えてしまいます。

独身の私がそうなので、家族持ちならなおさらでしょう。

もちろん、そこまで精神的に追い詰められていない証拠なのかもしれません。

なので、セミリタイアすることが出来る状態に自分の状態を引き上げる方法を考えました。

生活費に必要な資産確保について書いた記事(FIREカテゴリ)

この記事ではアメリカで常識となりつつあるF.I.R.E(Financial Independence and Early Retirement)について紹介している記事です。

もし、ご存じない人は1度は読むことをお勧めします。

私はF.I.R.Eの中で紹介されている『4%ルール』を知ることで「目から鱗が落ちる」ことになりましたよ!

FIREMOVEMENT
FIRE(Financial Independence, Retire Early)から守りの資産形成を再考アメリカで流行っているFIREを知って2019年以降の投資戦略を考え直すきっかけとなりました。まだ考え始めたばかりなので今後柔軟に変えていくとは思います。...
経済からの独立
【FIREチャレンジ】2019年からFIRE実践をするために投資先を検討FIRE(Financial Independence, Retire Early)ムーブメント達成に向けてチャレンジ中です。...

副業としてのブログ運営について書いた記事(副業カテゴリ)

会社を辞めてブロガーになる
『会社を辞めたい』と本気で考えるならブログで副業を始めよう『会社を辞めたい』と本気で考えるならブログで副業を始めようと思う理由を書きました。ブログはオワコンと言う人も多いですが、私はまだまだ可能性は高いメディアと考えています。少なくてもサラリーマンの副業には最適なツールです。...
副業を選ぶポイント
【副業時代】サラリーマンが副業を選ぶ重要なポイントは資産形成に繋がることサラリーマンが副業を考えたときにまず読んで欲しい記事です。資産形成が出来ない副業なら本業を頑張った方が良いです。...
当ブログで採用した有料サーバーと独自ドメイン取得と有料テーマについてアフィリエイト広告なしでガチでレンタルサーバーとWordpressの有料テーマを紹介しています。...
はじめに
mixhostでレンタルサーバーを借りて初ブログ(WordPress)を開設するときに最初にやったこと初ブログ開設でワードプレス、有料テーマJINを使った環境で最初に自分がやったことを紹介...

以上が私が考えてFIRE(経済的に独立して早期退職する人)達成のために考えて実行していることです。

この方法だと2年、3年でセミリタイアすることが出来るか?も保証されません。

しかし、希望のないままサラリーマンを続けていた時よりも、今は希望を持ってサラリーマンを出来ています。

その分、考えることや行動することで時間が奪われますが精神的には昔よりも楽になった気がしています。

当然、この記事で紹介したのは私が自分で考えて勝手にやっていることなので、リスクは全て自分で取る必要があります。

実際に2018年の投資ではテンバーガーを狙った購入したハイテク株で損失が1000万円近くになりました。けど、損失確定していないので希望はあります。

そのように自分が許容できるリスクを取りながら、今後起きるであろう大リストラ時代に向けて準備する必要性は想像出来ると思います。

そして、私は将来起きる事態に目を向けずに日々の生活を続けるリスクの方が怖いです。

ということで、このブログを読んでいる人の将来に向けた資産形成を考えるきっかけになれたら幸いです。

それでは、2019年が自分にとっても読者にとっても良い1年になることを祈っています。

▼▼いい記事と思ったら押して下さい▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ