投資信託

2018年で最高パフォーマンスを出したETF TOP10ランキング

株JIN.com(@sasa109sasa)資産運用ブログへようこそ。

S&P500は2018年に6.2%も下落しています。

一方で2018年の年間パフォーマンスがプラスになったETFも多くあります。

そこで、2018年の1年間のリターンが高かったETFのトップ10を紹介している記事を見つけました。

2017年リターン 2018年リターン
1 iPath Bloomberg Cocoa Subindex Total Return ETN (NIB) -15.14% 23.05% 対象指数であるBloomberg Cocoa Subindex Total Returnに連動するETN。同指数は、カカオ先物価格を対象としており、ETNを通してカカオへの投資を可能としている。
2 iShares MSCI Qatar ETF (QAT) -11.57% 20.07% iシェアーズMSCIカタールETF(The iShares MSCI Qatar ETF)は、米国籍のETF(上場投 資信託)。カタールの株式で構成されるブロードベースの指数に連動する投資成果を目指す。
3 ETFS Physical Palladium Shares (PALL) 55.73% 17.23% アバディーン・スタンダード現物パラジウム・シェアーズETF(Aberdeen Standard Physical Palladium Shares ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。パラジウム地金価格( 信託費用控除後)に連動する投資成果を目指す。
4 Invesco Dynamic Software ETF (PSJ) 34.60% 16.38% Invesco Dynamic Software ETFは、米国で設立された上場投資信託です。
5 iShares U.S. Medical Devices ETF (IHI) 30.81% 15.46% iシェアーズ米国メディカルデバイセズETF(iShares U.S. Medical Devices ETF)は米国籍のETF(上場投資信託)。ダウ・ジョーンズ米国セレクト医療機器指数のパフォーマン スに連動する投資成果を目指す
6 AGFiQ U.S. Market Neutral Anti-Beta Fund (BTAL) -2.12% 15.11% AGFiQ米国マーケット・ニュートラル・アンチベータ・ファンド(AGFiQ US Market Neutral Anti-Beta Fund)は、米国籍のETF(上場投資信託)。 Dow Jones US Thematic Market Neutral Anti-Beta Total Return Indexに密接に連動する日次投資成果を目指す。
7 SPDR S&P Internet ETF (XWEB) 29.53% 13.95% SPDR S&PインターネットETFは、米国で設立された為替取引基金です。このファンドは、S&P Internet Select Industry Indexのパフォーマンスの追跡を目指しています。
8 iShares MSCI Saudi Arabia ETF (KSA) 6.15% 13.07% iシェアーズMSCIサウジアラビアETF(iShares MSCI Saudi Arabia ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。サウジアラビアの株式で構成される広範囲な指数に連動する投資成果を目指す。
9 United States 12 Month Natural Gas Fund LP (UNL) -21.47% 12.53% ユナイテッド・ステイツ12カ月ナチュラル・ガス・ファンド(United States 12 Month Natural Gas Fund LP)は、米国籍のETF(上場投資信託)。ルイジアナのヘンリーハブに輸送される天然ガスの価格変動に対し、ユニットの純資産額変化をパーセントの値で反映させることを目的とする。
10 iShares North American Tech-Software ETF (IGV) 42.15% 12.45% iシェアーズ拡大テクノロジー・ソフトウエア・セクターETF(iShares Expanded Tech-Software Sector ETF)は、米国籍のETF(上場投資信託)。S&P北米拡大テクノロジー・ソ フトウエア指数に連動する投資成果を目指す。

1位がカカオの先物だったのは意外ですね。

そして、2017年は年間リターンが50%を超えるETFもあったのは驚きです。

ETFといえどもハイリスク・ハイリターンなETFって結構あるんだなぁ~ってこのランキングを見て思いました。

また、iシェアーズという資産運用会社が多いのも特徴的でした。

iシェアーズは、アメリカ合衆国に本拠を置く世界有数の資産運用会社であるブラックロック・グループ(NYSE: BLK)が提供する、世界最大のシェアを持つ上場投資信託(ETF)ブランドです。

iSharesは、株式、債券、コモディティ、REITなど広範囲で地域別やセクター別でも非常に幅広い商品ラインナップを持っているので、この結果となっているだけでした。

ここで紹介したETFは、2018年に最高リターンを出したということは逆に2019年にはワースト10になる可能性もあります。そもそも1年で10%以上のリターンを目指す人はETFなんか買わないで個別株で勝負した方が良いです。あくまで参考程度に紹介したETFランキングでした。

▼いい記事と思ったら押して下さい
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ