雑記

【年金問題】もらえる年金が足りない時に増やす裏ワザは受給年齢を遅らせるだけ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

年金がもらえる年齢は65歳ですが、

60歳~70歳までの間で受給するタイミングを自由に選べる

ってことは、あまり知られていないようです。

そうなると、「じゃー早い方が得じゃん!!」

ってなると思いますが、当然早く受給することによるデメリットもあります。

逆に65歳以降に受給するのであればメリットがあります。

そこで今回は年金受給のタイミングについて調べてまとめました。

65歳よりも早く年金を受給するデメリット

ブーイング

65歳の年金受給まで待てない人は最短で60歳から受給することが可能です。

ただし、1ヶ月早く受給するごとに受給金額が0.5%減ることになります。

つまり64歳に年金が必要ならば

0.5% x 12 = 6.0%

となるので65歳からもらえるはずだった年金額から

6.0%減額された金額で自分が亡くなるまでもらえることになります。

当然、長生きすればするほど損をしますよ。

最大で60歳から年金を受給することにすれば、30%も減額されることになります。

年金が3割も減るって痛いですよね・・・

このように65歳よりも早く年金を受給することを年金の繰上げ受給と言います。

65歳よりも遅く年金を受給するメリット

貯金18

逆に退職金に余裕があって65歳でお金に余裕があれば

年金の受給時期を遅らせることもできます。

早く年金をもらうと減額されたということで、

今度は遅く年金を受給設定すれば増額されます。

1ヶ月遅く受給するごとに0.7%年金が増額されます。

当然、その金額は自分が亡くなるまで適応されます。

例えば66歳から年金を受給することにすれば12ヵ月も遅らせたことになります。

0.7% x 12 = 8.4%

となるので65歳からもらえるはずだった年金額から

8.4%増額された金額で自分が亡くなるまでもらえることになります。

なので長生きすればするほどお得になります。

最大では70歳まで年金受給を遅らせられます。

そうすると42.0%の年金額UPになります。

つまり自分の年金額が最大で1.42倍にすることができます。

もし、60歳になって自分の年金額が少なくて心配だとすれば

60代は働いて年金受給を70歳まで遅らせましょう。

そうすれば70歳から1.42倍の年金がもらえるので、安心な老後が過ごせます。

参考サイト:『日本年金機構-年金の繰り上げ・繰り下げ受給

40代独身男性がもらえる年金はいくら?ねんきんネットで簡単に調べる方法を紹介毎年自分の誕生月に届く『ねんきん定期便』がハガキで送られてきます。 ↓こんな感じのハガキで3つ折り状態で送られてきます。 ...
会社員・公務員と自営業(フリーランス)の年金の違いと確定拠出年金について会社員・公務員・自営業(フリーランス)の年金の違いについて調べました。さらに公的年金と確定拠出年金で実際にいくらくらい老後資産になるか?も計算しています。...
ライフプラン
【人生100年時代】高齢化社会の資産形成で炎上した金融庁が本当に伝えたかったこと『高齢化社会の資産形成』で金融庁は日本の現状をまとめて、将来へ提言する報告書を公開しました。しかしネット上ではまるで年金破綻のような感じで拡散されていました。そこで、金融庁が発表した概要をまとめました。...
株デビューするなら SBI証券
▼▼米国株ブログ▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▼▼自己紹介▼▼
PVアクセスランキング にほんブログ村
▼▼Betmob投資ブログまとめ▼▼

【広告】アマゾン・ポイントを確実にもらえるAmazonギフト券』の紹介です。

Amazonプライム会員』だと一般会員よりもポイントがお得です。

Amazonポイント付与一覧 (引用:Amazonギフト券)