雑記

ビットコインの未来を信じる人は仮想通貨関連株を買うべき理由


ビットコインの下落が止まりません。

けど、ビットコインの未来に可能性をまだ感じている人も多いと思います。

私もそんな一人です。ビットコインが生き残るか?イーサリアムか?リップルか?は判りませんが、ブロックチェーン技術が生き残るのは間違いないと考えています。

ですので当然、ビットコイン、イーサリアム、リップルと大きく下げている将来有望な仮想通貨を見て、これまで仮想通貨取引に入り損ねていた人達が検討し始めていても不思議でないレベルまで仮想通貨全般が下落しています。

そこで、これから仮想通貨を始めようかな~って思っている人に読んで欲しい記事になります。

仮想通貨を買う前に調べておくべき内容

仮想通貨の税金制度を徹底的に調べましょう。

絶対に最初に調べることは税金についてです。

株と同じでしょって甘く見てると後で痛い目を見ますよ。

株は特定口座にすれば自動で利益確定時に自動で2割(20%)引かれて、証券会社が税金を徴収してくれます。

しかし、仮想通貨は雑所得扱いで自分で確定申告して国に納税する必要があります。

しかも雑所得ということは、自分の本業とも合算して支払う税金の割合が決まります。

もし、年収3,900万円の人が仮想通貨で100万円利益が出たら国に治める税金は4,000万円の年収があったとして税金が計算されてしまいます。

年収が4,000万円を超えた場合、所得税と住民税を合わせると約55%くらい引かれます。つまり、仮想通貨も同じ割合で税金が適応されるので仮想通貨の利益100万円でも55%が適応されて税金を納める必要があるんですよ。

税金計算ツール

それでもやりたい人は税金計算ツールを調べましょう。

なぜなら、使用するツールによって簡単に連携出来る仮想通貨交換所連携出来ない仮想通貨交換所があるからです。それを知ったうえで取引する会社を選んだ方が無難です。

仮想通貨の税金計算ツールとしてマネーフォワードの資本が入っている会社でCryptact(クリプタクト)という仮想通貨自動計算Webツール紹介です。アフィリ記事じゃないですよ。笑

口座開設する取引所を調べましょう

流出問題などのもしもの場合に資本金の大きさや親会社がどこか?などを見た方が保証問題になったときに助かる確率が上がるので取引する会社を選ぶのは重要です。けど、それはコインチェックの件で誰でも判ることなので、ここではこの程度で辞めておきます。とにかく、十分に調べましょう。

これまでのビットコインチャート

bitcoin長期チャートbitcoin1年チャート

このまま2016年レベルの水準まで戻るのか?それともこれから逆転して上がるか?どっちにしても、ビットコインの運命は2019年に決まると言って過言でない重要な年となりそうです。

ここまで読んでも仮想通貨を始める意思が変わらない人へ最後の提言です。

年収毎のザックリ税率(所得税+住民税)

課税される所得金額 税率
~195万円 15%
195万円~330万円 20%
330万円~695万円 30%
695万円~900万円 33%
900万円~1,800万円 43%
1,800万円~4,000万円 50%
4,000万円~ 55%

これを見れば、株で納める税率よりも少なくなる場合は無職で仮想通貨の利益が195万円以下の人だけは、税率15%なので株よりも有利ですが、そんな人はほとんどいないですよね。

なので、仮想通貨をするサラリーマンは、税率が株よりも全然高くなることと、利益確定した翌年の2月に税務署で確定申告をする覚悟が必要です。

それなら、仮想通貨関連銘柄を探した方が良くないですかね?

ビットコイン関連銘柄

米国株 スクエア(SQ)
米国株 JPモルガン(JPM)
日本株 メタップス
日本株 SBIホールディングス
日本株 マネーフォワード
日本株 リミックスポイント
日本株 メルカリ
日本株 マネックスグループ

など私がパッと思いつくだけでもかなりの銘柄がありますよ。

ここまで読んでも仮想通貨取引する気持ちがブレない人であればやるべきですね。笑

けど、仮想通貨の口座を開くのは簡単ですが、始める前に十分な知識をつけてから始めましょう。

▼ここをポチっと▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
関連記事