Blog運営

Google砲が2日連続でおすすめ記事に掲載されたがアクセス数に全然違う

アクセス数が上がる
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
この記事を読んでわかること
  1. Google砲ありなしの1日のPV数とユーザー数の推移(アナリティクス画面)
  2. 強いGoogle砲と弱いGoogle砲の違い
  3. Google砲の狙い方(保証なし)

2018年末に大きなGoogle砲をもらい有頂天になっていた私です。

ブログ運営でPV数UP
Google砲でアクセス数が10倍、Adsense収入も10倍になった実体験2018年12月28日にGoogle砲をもらってブログがどうなったか?について時間経緯をまとめました。...

この時は、ブログ開設して1ヶ月で1日のPV数が4000PVを超えて有頂天で天狗でした。

そこから約半年間は大きなGoogle砲を燃え得ることなくちょくちょく来る小さなGoogle砲で喜ぶ日々でした。

20190411-google-search-consoleアイキャッチ画像
Google Search Console『ディスカバー(Discover)レポート』を実際の画面で解説Googleサーチコンソールに新機能『ディスカバー(Discover)レポート』が追加されました。これまでGoogle砲が来たとしても詳細を知る方法がありませんでしたが、その詳細を知ることが出来ます。私が直近1ヶ月間で掲載されたGoogle砲を紹介します。...

久々のビックウェーブが来た!Google砲で1日のPV数が1.2万PV超え

まずはビッグウェーブが来る前日の通常のブログPV数をみてみましょう。

普通の1日のブログPV数推移

20190521-通常のPV推移

最近の当ブログの1日のPV数は1,500PV~2,000PVあたりです。

そして、平日は朝の6:30分に記事を予約投稿してUPしています。

なので6時から出勤時間の8時くらいまでが朝のピークです。

その後は、昼休みに少し読まれて夕方から夜まで1時間当たりで50人~100人程度のユーザーが訪問してくれています。

Google砲で1日で1.2万PV超えをした1日の推移

20190523-Google砲1日目のPV推移

まずは1日目にGoogle砲を頂いた記事がこちらです。

貯金ゼロ世帯が定年までに資産3千万円を貯めるには毎月いくら積み立てればいい?貯金ゼロ世帯は毎月いくら積立を継続すれば定年の65歳までに3千万円の蓄えが出来ているか?について計算してみました。これを見れば、貯金ゼロから老後資金を作るのが結構しんどいことがイメージ出来ると思います。...

この日も、いつもと同じく6:30分に記事を予約投稿します。

そして、6時から8時頃までは通常のユーザー閲覧数が続いていました。

そして昼頃にGoogleアナリティクスのリアルタイム閲覧数を見て異変に気が付きました。

ただ、このときは少し喜びましたが去年のリアルタイムのユーザー数が100を超えてなかったので、そこまで伸びないだろうなと思っていました。

しかし、この流れは止まることなく夕方にGoogleアナリティクスをみて3桁を確認しました。

1日が終わってみれば12時以降は常時1時間で500人以上が訪問している状態でした。

リアルタイムでのユーザー数が常に50人以上はいる状態が1日続いていました。

月間30万PVを超えている人は、毎日がこの状態なんですよね。

凄く羨ましいですね。笑

翌日に同じGoogle砲で2日連続の1万PV超えを確信

なんと2日目もGoogle砲が来ていることに気が付き。昨日と同じ爆発を想像しました。

あれ?今月10万PV突破するんじゃね?とまた有頂天になる自分を感じました。笑

2日目のGoogle砲のユーザー数推移

20190524-Google砲2日目のPV推移

2日目にGoogle砲を頂いた記事がこちらです。

201904-家計簿公開
2019年4月の家計簿、給料、貯金額をマネーフォワードMEで公開(独身家計簿公開)2019年4月の家計簿をマネーフォワードMEの画面を使って公開します。家計簿、手取り給料、貯金額(投資先)についてまとめています。...

翌日も昼頃にGoogleアナリティクスのリアルタイム画面で50人を超えているのを確認します。

それを見て、昨日と同じだ!と思いました。

けどGoogleアナリティクスのユーザー数推移をみてわかるように、昼にピークのユーザー数500人を付けてから急激に下落してしまいました。

そして、1日を終わってみれば昨日の半分以下の5,000PVで終わりました。

大きくて強いGoogle砲と小さくて弱いGoogle砲の違いは何か?

自分でも記事を見返してみました。

そこで感じたのは記事の質というか、読んだ人がへぇーって思える記事かどうか?だと思いました。

実際に1日目のGoogle砲の記事は

貯金0の人達が20歳、30歳、40歳、50歳でそれぞれ毎月いくら積立を継続すれば老後資産3千万円が貯められるか?をグラフを使って書いた記事です。

貯金ゼロ世帯が定年までに資産3千万円を貯めるには毎月いくら積み立てればいい?貯金ゼロ世帯は毎月いくら積立を継続すれば定年の65歳までに3千万円の蓄えが出来ているか?について計算してみました。これを見れば、貯金ゼロから老後資金を作るのが結構しんどいことがイメージ出来ると思います。...

一方2日目のGoogle砲の記事は

自分の先月の家計簿をまとめた記事でした。

201904-家計簿公開
2019年4月の家計簿、給料、貯金額をマネーフォワードMEで公開(独身家計簿公開)2019年4月の家計簿をマネーフォワードMEの画面を使って公開します。家計簿、手取り給料、貯金額(投資先)についてまとめています。...

Twitter上で1日目の記事は拡散されていることが確認出来ましたが、2日目の記事は拡散を確認することが出来ませんでした。

その差が12時以降のPV数推移の差だと思います。

つまり、Googleアプリでおすすめ記事に掲載されてもユーザーのクリック率や記事を読んだ後の行動(SNSに拡散など)を見て、反応が良い記事だと長時間Googleアプリのおすすめ記事に掲載され続ける証拠だと思います。

GoogleサーチコンソールのDiscoverで2つの記事の表示数とクリック数を確認

次は実際にGoogle砲にあった2つの記事が

  • おすすめ記事としてどのくらい表示されたのか?
  • さらにクリックした人がどれくらいだったか?

の2つについて確認していきます。

1日目の強いGoogle砲での表示数とクリック数の推移

GoogleSearchConsoleでみる1日目の記事

1日目のGoogle砲では、1日目よりも2日目の方が表示数もクリック数を多かったです。

通常は1日目がピークになります。

このパターンは私ははじめて見ました。

1つの記事だけで3,600人が訪問してくれたことになります。

2日目の弱いGoogle砲での表示数とクリック数の推移

GoogleSearchConsoleでみる2日目の記事

2日目のGoogle砲は、よくあるパターンでした。

1日目にピークを付けて2日目はほとんど表示されていません。

こっちの記事では2日間で440人が訪問してくれていました。

そもそもGoogleのおすすめ記事に掲載される条件は?

Googleアプリ(Chrome)のおすすめ記事に掲載される条件は全く謎です。

しかし、まずはこのおすすめ記事に掲載されないと始まりません。

なのでネット上ではGoogle砲を狙う方法などPV数が伸び悩んでいる人達に向けた記事が多くあります。

そこで保証はしませんが、私の経験からGoogleが何をおすすめ記事にするか?を考えて書いてみます。

  1. 新規ユーザーがどのくらい記事を真剣に読んでいるか?(滞在時間など)
  2. ブログのリピーターがどの程度真剣に読んでいるか?(滞在時間など)
  3. 綺麗なアイキャッチ画像を使っているか?(高解像度な画像をGoogleも勧めている)
  4. 時間当たりの訪問者数(短時間に多くの流入がある方が良い記事の可能性がある)

くらいだと思います。

なのでブログ運営者が取れる施策は以下の3点ではないでしょうか?

  1. ブログランキングへの参加、SNSの投稿通知など多くの場所でブログ更新を宣伝して多くのユーザーが訪れる仕組み作り
  2. 高解像度なアイキャッチ画像を使用する(Googleのおすすめ記事でも使われる)
  3. 読みやすくて全記事をスクロールされた後にSNSに拡散したくなる記事

この3点を全て完璧に満たせることが出来ればGoogle砲で月間PV数10万も可能でしょう!!

ただ1と3はめちゃくちゃハードルが高いので、私は狙って量産することなんか出来ません。笑

それでも2の高解像度なアイキャッチ画像は誰でも可能なのでアイキャッチ画像を使っていないブログ運営者は再検討してみてはどうでしょうか?


【広告】株式投資をはじめるなら、Tポイントも使えてネット証券No1
株デビューするなら SBI証券

▼▼ブログランキング▼▼
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▼▼自己紹介▼▼
PVアクセスランキング にほんブログ村
▼▼Betmob投資ブログ▼▼

【広告】アマゾン・ポイントを確実にもらえるAmazonギフト券』の紹介です。

Amazonプライム会員』だと一般会員よりもポイントがお得です。

Amazonポイント付与一覧
(引用:Amazonギフト券)